幼稚園受験のノウハウを伝授します

幼稚園を受験する理由は何なのでしょうか。家庭によってそれぞれ理由は異なることでしょうが、一つの考え方として、教育環境の良いところに行って欲しいという願いがあるようです。受験がある幼稚園なら、試験を通過した子供達しかいないため、ある程度の素養を持った子供が集まります。また、幼児教育という考え方をご存知でしょうか。幼児期は、人格形成を始め、身体面・知能面など子供が大きく成長する時期でもあります。そういった時期に良い経験をさせてあげることで、より良い成長に繋げようというのが幼児教育の考え方です。この幼児教育の視点から見ても、幼稚園は生活の中心であるため、より良い環境の幼稚園に行ってほしいという願いは理に適っているといえます。

幼稚園受験って一体どんなことをするの

中学校、高校受験ではペーパーテストが一般的ですが、幼稚園の受験は何をするのかピンとこない人がいるかもしれません。幼稚園の受験内容で一般的なものは、実技と面談です。実技と言っても遊んでいるところの観察や簡単なテストであったりと易しい内容がほとんどです。これは、まだ幼い時期の子供なので、誕生日が早い子供と遅い子供では能力に大きな差が出てしまうためです。そのため試験ではあまり難しい内容は求められません。一方、親の面談では幼稚園の行う教育に対する理解、教育に対する意識が求められます。また、受験がある幼稚園と普通の幼稚園の違いは、この保護者の意識の違いが大きいです。付属の幼稚園であれば、幼稚園の時期から将来的に良い大学に進んでもらおうと考えている保護者も多く存在し、教育に対して熱心な保護者が集まります。

合格のためにはどんな準備が必要なの

試験に難しいことは求められないとはいえ、合格するためにはどういった準備をすれば良いのでしょう。重要なのは、普通のことができるかどうかです。特に大切なのがあいさつです。子供は親の行動を思っているより観察しています。まずは親が見本をみせましょう。試験では協調性をみられていることもあります。そこで、コミュニケーションを取る最初の段階としても、あいさつは一役買います。次に人の話を聞けること。聞く能力があるというのは聞く、話すといったコミュニケーションにおける一連の流れから、勉強の理解など様々ことに役立ちます。あいさつと同様、親が見本になりましょう。普段から子供の話に耳を傾けてあげることが大切です。総じて、幼稚園受験というのは子供の受験であると同時に、普段の親の行動も試されていることを理解しておく必要があります。