幼稚園受験に必要なテクニックとは

最近では、首都圏でも地方でも幼稚園受験をする家庭が多い傾向にあります。希望の幼稚園に入れるよう、両親も一生懸命になるものです。名門学校の付属幼稚園などに入園することができれば、そのままエスカレーター式に進学していくことができます。その後の受験での子供の負担は減ります。とはいえ、高校や大学受験ではとにかく勉強を頑張るしかありませんが、まだ生まれて数年の子供たちですし、まだお勉強はこれからといった年齢なのですから、どう頑張れば良いのか分からないという親も多いのではないのでしょうか。面接や試験会場では、どういった面が見られるのでしょうか。また、必要なテクニックとはどういったものでしょうか。実は、そんな特殊なテクニックと言うのはいりません。当たり前のことを当たり前にできれば良いのです。

受験に際して親としてできることとは

幼稚園受験をさせるにも様々な幼稚園がありますので、その中で教育方針や雰囲気・通園距離などをよく比較検討して、わが子にとってより良い幼稚園を探し出しましょう。志望校が決まったら、できるだけ説明会などに両親共に参加してしっかり足を運び、情報をできるだけ収集しましょう。とにかく夫婦一丸となって行うことが大切です。幼稚園受験は、親の受験だとも言われています。園の方針をしっかり理解した上で、志望理由や家庭の教育方針など夫婦で十分に話し合いをし、しっかり考えておきましょう。その思いを願書に、そして面接にてきちんと伝えることができれば合格の確率は高くなります。もちろん、主役は子供たちですから、子供たちの準備もきちんとしておかなければなりません。入園前の子供たちに必要なのは、勉強の能力だけではありません。

子供の準備、しつけと食生活について

受験をするしないに関わらず、褒めるところは褒め、叱るところはきちんと叱って基本的な生活習慣を身に付けるようにしましょう。そうすることによって、幼児として最低限のマナーが守れた上で、更に上のレベルを目指すことができます。受験だからと難しいことをどんどん詰め込むのではなく、まずはきちんとしたしつけを行い、食事の上でも規則正しくバランスよく取ることができる子にしてあげましょう。面接官の前でだけきちんとさせようとしてもすぐに地は出てしまいます。日頃からの生活が大切なのです。高校や大学と違い、親の責任が大きく出てくる幼稚園の受験。とはいえ、特別なことは二の次です。まずは基本的なところからきちんとできるよう、子供にしつけをしましょう。だからといって主役は子供たちです。自分のプライドを満たすためではなく、子供のために受験を頑張るということは覚えて置いてください。