幼稚園受験で勝つためのノウハウ

人間の人格形成の基礎となるのが幼児期です。幼児期とは小学校に上がる前までのことで、この時期の子どもは多くのものを吸収し、人格の基礎となる土台を作り上げていきます。ですから、幼児期の教育はとても大切なことです。こうしたことを踏まえて、より良い環境に我が子を置くために幼稚園受験する家庭はとても多いです。独自の教育理念を持ち、子どもの成長に合わせた能力を引き上げて、それを開花していくためのカリキュラムが組まれていることで、その時期に必要な事や経験を多く得られる環境であるのです。そして、受験して入る幼稚園の人気は近年益々上がっており、競争率も高くなっているのが現状です。そのなかで合格を勝ち取るには、それなりの知識と実践が重要です。早いうちに対策をしていくことが大切です。

幼稚園の受験に大切なことについて

小さな子どもはまだ受験というものを理解できません。そんな中、その日に合わせて準備をし、結果を出すには日々の習慣がとても大切です。受験当日だけ良い姿を見せることは子どもには到底できない話です。日々の生活の中で吸収させ、それを自分のものにしていくことをしていかなければならないのです。子どもは両親が大好きです。まずは親の真似をしながら様々なことを覚えていきます。ですから、親自体がお手本となるような行動、言葉使い、習慣を見せていくことが大切です。そして、大好きな両親とのスキンシップや遊びの中で受験に必要なことに興味を持たせて、それを発揮できるような環境を作っていきます。無理強いはせず、あくまでも楽しいことの延長で少しずつ習得させていくということが大切になります。幼稚園受験は親の受験とも言われています。

幼稚園受験の塾に入れることのメリット

幼稚園の受験では面接や実技などが主です。元気の良さや協調性、情緒の発達、受け答え、所作など様々な面を見ることで合否が出ます。合格のノウハウをしっかりと把握し、合格に向けた道筋を開いてくれるのが幼稚園の受験のための塾です。ここでは子供に合わせた能力の開花、ルールやマナーの教え、各学校の特色などを教え、アドバイスしていきます。子どもだけではなく、親に対するアドバイスも多くあることで、親がどうあるべきか、どうしたら合格できるかを教えてもらえる場所でもあります。狭き門をくぐるために、細やかな部分まで多くのことを吸収していかなければなりません。塾という存在は親子にとって、とても心強いサポートとなるのです。子どもが多くのことに興味を持ち、それを楽しい、知りたい、やりたいという気持ちを引き出していくこと、家庭での親子の在り方、面接での受け答えなど様々な面を伸ばすことが合格への道なのです。

乳幼児期の脳への刺激が脳の働きに影響を与えると言われています。 入試イベントも豊富にご用意。名門小学校の先生を招いての個別面談会を年4回開催しています。 伸芽会は創立60年を迎える、幼児教育の草分け的存在です。 発達段階に合わせた教育を、無理なく行うことが幼児教育には大切。 伸芽会は、受験した子どもからの情報をもとに過去問題集を制作しています。 独自の教育で幼稚園受験対策